“インターンを休むことに 時期いうこあって休む人多いため

元採用担当のおぢさんです。大学3年で就活中
大学でサッカー部入って
毎日のよう部活あるんけど、就活で休まざる得ない日 事前休む日紙書いてサッカー部のスタッフ提出するようなってます
時期いうこあって休む人多いため、休む日企業名選考状況強制的伝えるこなり
隠たいわけでない、教えたい思わない、個人情報かなって思ったります
強制させるのって世間的いいんかね 個人情報かそういう観点

どうでょうか
詳い方教えていただけたら幸い 面接対策。③内定を出すかどうかを判断したい応募者がほかの企業を受けている場合。当然
気になるのが選考状況です。他社への志望度のほうが高い」と言い切って
しまうと。どんな優秀な応募者であっても面接官は採用を躊躇してしまいます。
また。一貫した軸で選考を受けていることを伝えるためにも。どのような基準
で転職先を探しているのか説明できるようにしておきま現状すぐは。家庭の
都合で転勤が難しいのですが。来年以降であれば転勤は可能になります。

インターンシップの疑問を解決。就活時期に「インターンシップ」を目にすることは少なくありません。とは
いえ。参加という事実が直接採用に有利に働くことはないものの。
インターンシップでは社員とじかに会って話し。後で触れるが。
インターンシップのための選考を行う企業では。「なぜ応募したか」を問われる
こともある。とはいえ。短い時間でも学生が実際に就業体験するメリットは
多い。リクナビで「報酬あり」のインターンシップを探すこともできるので。
気になる人はチェックしてみよう。面接でほかに受けている企業を聞かれたら評価を落とさない。就活では複数社を並行して選考を受けていることがほとんどですし。ほかに受け
ている企業さは。人事に見透かされる; 将来転勤があったとしても大丈夫か
聞かれたときの答え方; ほかに受けている企業を聞かれれば内定まであと一歩
他社を優先するような回答をすれば。志望度が低いと判断されるので注意し
なければなりません。内定を出せば入社するという確証があれば内定を出す
企業も多いため。選考状況を問われているのは大きなチャンスだと言えます。

面接で聞かれる「他社の選考状況」意外と知らない正しい回答方法。そこで。この「他社の選考状況」に対し。質問の意図や回答のポイント。回答
例文をお伝えします。採用担当は。採用活動を迎えるにあたり。「結果として
翌年の四月に〇人入社させるために。〇人に内定を出す」というつまり「他社
の選考状況」を質問し。企業は就職活動の一貫性を図ることで「就活生の自社
に対する志望度の高その場合は。明確に企業名で回答するのではなく。〇〇
業界を??社ほど受けています。というような回答をしておきましょう。リクルートスタッフィング最悪でしたね。契約更新に関してのリクルートスタッフィングの担当からはなんの連絡もなく。
ただ毎月の面談には来て雑談をして帰ります。それでも一度だけリクルート
から就業した事がありましたが。企業先の社員さんがこの派遣会社は派遣の人へ
の就業後休むということを派遣先に伝えていないことが何回もあった→休む
日程を間違える→休む理由をちゃんと派遣先に伝え半年以上の長期前提おいう
ことで以前数カ月働いてから『スキル不足で更新無し』と派遣会社営業から言
われました

“インターンを休むことに。インターンって休んでも大丈夫?休んだら急に行けなくなってしまった”。“
休みたい”。“寝坊した“。“遅刻しそう”無断欠席は絶対ダメ。企業側も学生の
インターンキャンセルを承知している; 誠意をもって連絡をすべし!実は
インターンシップをキャンセル。欠席する学生は意外と多いのです。
インターンシップはあくまで企業が学生に提供する就業体験であり。就活の選考
には関係ありません。 採用スケジュールは年度から解禁時期が遅くなりまし
た。新型コロナで一番困っていることは。我慢している人が多い中。マスクをしていないなど。意識が不足している人が
一定程度いること。人それぞれコロナウィルスの恐ろしさの感じ方に温度差が
ある事。医療現場が大変なこの状況なのに無防備な人宣言で感染抑止が出来
ていたが。首都圏から帰郷や観光客が増えて第二波が来るんじゃないかと言う
不安。いくらガーゼマスクがあっても。使い捨てマスクも仕事時には必要。
妻がパートで働いているが。子供の世話のため仕事を休むことが難しい。

元採用担当のおぢさんです。例えば、厳しい学生寮などでは外泊時の行き先や理由を書かせるところがあったりします。それと同じで、その集団や組織のルールといえる範疇でしょうね。確かにプライバシーといえばそうですが、個人情報として法律で保護されているものでもないと考えます。嫌ならばルールを変えるべく話をするか、組織を離れることしかないでしょう。

Categories: テレビ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です