加賀の塩硝 黒色火薬か明治で終わりだ思ってます昭和なって

もちろん、「発射薬」に直接使う訳はありません。戦艦大和 武蔵の主砲発射薬ついて 先日NHKの武蔵関連の番組で砲塔の黒色火薬爆発た言って 黒色火薬か明治で終わりだ思ってます、昭和なって使っていたのでょうか 砲の発射薬ニトロセルロースだ理解てたの考古ガイダンス。その場合,道路建設工事前に遺跡の発掘調査をすることになっています。一体
,何のために埋められたのでしょうか。の巨大な竪穴住居跡や栗の大木を使っ
た建物跡が発見されたのをはじめ,土器や石器?木製品などが大量に出土してい
ます。縁飾りの文様があって薄く堅く黒く磨かれた土器-黒色磨研土器と
呼ばれるこの土器は九州一円に分布しています。今から年くらい前に発掘
調査があって,縄文時代の終わりごろから弥生時代の人たちが食べた貝の殻が
捨てられた

加賀の塩硝。平成年月。五箇山の合掌造り集落は白川郷とともに。ユネスコの世界文化
遺産に登録されました。かつては陸の孤島といわれた五箇山ですが。今では東海
北陸自動車道の五箇山インターから約分で行ける所となっています。さて。
この五箇山の合掌づくりの家では藩政時代。黒色火薬の原料である煙硝えん
しょうが秘密裡に製造されていました。製造された塩硝は「塩硝の道」とよ
ばれる険しい山道を人力や牛を使って輸送され。全て殿様のお膝元である金沢へ
と届けられ

もちろん、「発射薬」に直接使う訳はありません。「大和」の発射薬は、ニトロセルローズにニトログリセリンを調合した「ダブルベース火薬」です。これを円筒形の「袋」に詰め込んで、さらにアルミ缶に入れて保管します。この「装薬囊」を主砲では3個使うんだったかな?を詰めるんですが、この時、着火性を上げるために「伝火薬」という「縄状」になった火薬を装薬囊の間に渡して「装填」しますが、これに「黒色火薬」を使う訳です。「黒色火薬」は「爆燃」というより「爆轟」するので、「伝火薬」としては打ってつけな訳です。まあ、この方法は、当時の艦砲としては標準的な手法で、「金属薬莢大好きドイツ」が笑っちゃうような大型薬莢使っているのは別に、普通は「15cm超」の大砲は全てこの方式ですね。そうすると、「着火性が良い」危険な「黒色火薬」もどっかに保存しなければならない訳で、ある程度大型艦なら「黒色火薬庫」は、メインの弾薬庫とは別に、少し離した場所に設置します。「大和型」で言うと、バイタルパートの最上層の前部一番端に、さらに左右に分割して設けてありました。その他の「火薬庫」は、この階の一ブロック離した後部とより下層にあります。だけど、艦が「排熱できない状態」となり、それで「放置」されると、最後はだいたいここらが発火する訳です。管理下にあれば「弾薬庫注水」とかすればいいんでしょうが、「総員退艦」状態で追い打ちをかけるような「浮力減衰」操作をするのも微妙です。ご質問は「武蔵の砲塔で」ということですから、「第一主砲塔」での俗に「三式弾の信管破裂」と言われている状況のことですかね?「黒色火薬」ということですと、この「伝火薬」だけが何かで発火したのかもしれませんね。「何で砲塔内発火で損害が”中砲”だけなんだろう?」と私も思っていましたから、その関係でしょうか?ともかく、この「黒色火薬庫」は「自然の自爆装置?」みたいになった可能性もあり、「大和」では、転覆後すぐの爆発だったため、「真っ黒な巨大な爆雲」を吹き上げていますし、破壊状況からも「黒色火薬庫発火に伴う2番砲塔火薬庫の誘爆」が疑われていました。「武蔵」では「水中爆発音を聞いた」という発言はあったんですが、確証がなく「海中浮遊説」まであったんですが、「2015年の発見」で、「ほぼ同じところで爆発」しているのが確認されていますね。テレビ局なんて馬鹿ばっかりだから、何もわからんアホが番組作ってるわけだがおっしゃるとおり、装薬はニトロセルロース。ただし多量のニトロセルロースに一気に点火するために、装薬袋の底のほうだけ少量の黒色火薬を詰めてあるはず。しかし、黒色火薬にせよニトロセルロースにせよ、火を付けなければ、勝手に爆発することはなく、敵の爆弾が爆発したとかの火炎で装薬に火が付くなら「黒色火薬が爆発した」もないもんだが。武器は、使うでなく配備するものだからなんで使えるになるのだろう?

Categories: サロン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です