化学実験の指針 ただ収率%実際得られたオレンジIIの物質

スルファニル酸物質量3。【アニリンの合成カップリング反応】 【収率物質量求める問題】 スルファニル酸(分子量173)3 98g2 ナフトール(分子量144)2 88g出発物質て、オレンジII(分子量350)合成たころ、4 83g得られた オレンジIIの収率有効数字2桁で答えよ いう問題 ただ、収率(%)(実際得られたオレンジIIの物質量)÷(理論じゅう得られるオレンジIIの物質量)×100で求めなくちゃいけない 答えだけじゃなく、式の過程 お願います 収率の計算はこういうふうにやるのです。この場合,収率 は以下のようになります. 得られた量/得られるはずだった量 =
/ = = % ここで,実際に得られた目的物の量を 収量 と呼びます
. 収量は質量何グラムかであらわされる場合もあれば,物質

化学実験の指針。出発物質原料から反応式に従って理論的に生成する目的化合物の量理論 収量に
対して。実際に得られた生成物の量収量の比率を百分率で表した ものを収率
という。 収率% = 収量 / 理論収量 % 理論収量を計算するとき。原料の
どれ化学基礎。と。左辺と右辺で。原子の種類も数もまったく同じになっており。それぞれの
物質につけた係数によって調節されています。た…ただのいたずら書きですよ
。化学反応式は実際の化学反応を反映しているし。さらに。将来起こることも
予測できるのだ!ケン 「一酸化炭素が200分子。酸素が100分子ってこと
だから。できる二酸化炭素は200分子です。こうして求められたそれぞれの
値を比較すると。マグネシウムの物質量と発生した水素の物質量は。ほとんど
同じで

スルファニル酸物質量3.98÷173≒0.0232-ナフトール物質量2.88÷144=0.02理論上0.02mol得られる実際の収量4.83÷350=0.0138収率0.0138÷0.02×100=69%

Categories: 生活

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です