国立科学博物館 他の惑星人生きているおまか

生きているとおまいます。他の惑星人生きているおまか [宇宙人はいるか。長尾 人間レベルの生命集団が。宇宙のどっかにいるって思うか。いないって
思うか。 司会 実際のところどのぐらい可能性があるのかっていうのは。
みんな気になってる話だと思いますね国立科学博物館。宇宙人は本当にいるのですか? 私たちは太陽系第三惑星の地球に住んでいる地球
人ですね。空に光る星の世界にも私たちと同じような生き物。宇宙人はいるの
でしょうか。もし。宇宙人がいるとしたら。その世界はどうなっているのか。
また火星に住むために必要なものは。世間で言われているよりも早く人類の火星定住は実現することになりそうだ。
宇宙開発企業スペースは年に数十人の火星到達を目指している。

地球外生命はいる。年度日本惑星科学会最優秀研究者賞。年度文部科学大臣表彰若手科学者
賞を受賞。著書に『土星の衛星タイタンに生命がいる!』小学館新書がある。
人類にとっての課題が増え続ける現代この広い宇宙には。最近。が「地球に似た7惑星を発見した」と発表し。大きな話題となり
ました。地球外生命体は。常に関心をもたれ続けるテーマです。このホットな
話題に。生物学。天文学。化学など各分野のトップランナーたちが01。国立天文台の田村元秀氏は過去年。この分野を牽引し。年。世界で初めて
。「太陽型」恒星の巨大惑星候補の撮像に成功しました。まだ見ぬ系外惑星は
宇宙にどのくらい存在し。地球のように生命を宿している星はあるのでしょうか

金星に生命は存在するか。。金星の大気から生命活動の兆候かもしれない物質が見つかった
というニュースが駆け巡った。この発表に関しての長官が「地球外生命
探査史上最大の発見」とコメント。いよいよか!?と胸を高鳴らせ

生きているとおまいます。それは人が神に依って創られていると思っていて、これが地球に限ってだけとは思えないからです。それで神の存在は地上に残されていると思うのです。例えばインドのある村に昔から残されていて,沢山の短冊に人の運命が書かれているそうで,そこに尋ねて行った人の家族の名前や生年月日まで一致してあったそうです。さてそれには死ぬ年月日まで書かれていて,しかしそれはその人の運命を変えようとする努力で変える事が出来るという事です。これは随分前にテレビでのドキュメントでしていて,決して遣らせではないと言ってました。このようになっているのは、神なしに考えられません。そして次の事も神なしには考えられません。臨死体験でです。ある人が臨死体験でベットの上から自分を見下ろしていたのですけれど,家族が死んだと思って自分に対して泣いているのを上から見ていたのです。これはテレビで言っていた事なのですが,それでフト廊下に出たら母親が電話で誰かに亡くなった事を連絡してました。フト思っただけで廊下に出たので,それでその人が子供の頃不思議に思った場所にも行けるのかと思ったのです。そうすると山間の場所に来ていて,そうすると向こうから誰か子供が遣って来ました。それを見ていて上を見たら,何と大きな岩のような物が転げて来たので,ビックリして「危ない」と叫んだそうです。すると下を歩いていた子がビックリして,気が付いて避けたのです。それで始めて過去に不思議に思っていた事が分かったという事でした。即ち子供の頃山間を歩いていたら,突然「危ない」という声が聞こえて,上を見たら岩のような物が転がって来たので,ビックリして避けたという事だったのです。この声がどうして聞こえたが謎だった訳です。このようにして結局自分の魂が自分を見ている世界でもあります。そしてその人は自分の未来はどうなっているのかと思ったら、その時は独身だったのですが、そこに見えていたのは未来の奥さんです。そして子供も二人居て、自分は望遠鏡を見ていたそうです。その時は自衛隊員だったそうです。ところで結果はその通りになったそうです。奥さん達もその時に見た人だったそうです。そしてアマチャの天体観測をするようになったそうです。それから私は宇宙の根源に、神がいる根拠がある思いで回答しているので載せてみます。なお宇宙に存在する意思は神の名で言われてます。この神が人間を創ったと,色々な宗教も人の口を借りて述べて来ました。これは宇宙の意思が語って来たのです。特に天理教の神が降臨して述べたのは,人間を創り初めたのが約9億年も前で,最初虫けらのようなもので,それから段々と見守って進化を与え続け,今の人間にしたと言いました。人間を創った目的は、神と一緒に陽気暮らしをする事だと言ってます。これは明治になる20年も前の話で,片田舎の農家の女性に神が降臨して語らせました。それから通常人では到底知る事も出来ないのですが,世の中には霊界も見えるという人が居るのです。その一人が隈本確氏で、大霊界という本を書いてます。この本には,具体的に神の存在,人間の魂,心,体との関係を通して書いてあります。そして人間が死ぬと,本当の生命の初まる霊界に行くそうです。今の世界は卵の中のような物で,霊界こそ本当の世界という訳です。そして生まれ変わりはないという事で,隈本確氏はあらゆる霊界を見ることも行く事も出来ると仰っていて,そうして生まれ変わる状況は一度も見た事がないと言っています。人間の真実の生命は霊界にこそあって,今生きている時は肉体として生きていますが,誕生した時に魂の誕生でもあって,そして肉体の中で心を通して魂が成長して,それから本来生き続ける霊界に行くそうです。それで霊界での生活は数千万年から,億年の生命活動があると言っています。数千万年とか億年に生きている魂は宇宙人のだそうです。人では未だ精々100万年が限度です。今生きている時が試しの世界で,ここで育まれた心の使い方で霊界での住処が決まり,厳然と天国も地獄も存在していると言っています。あくまでも信じる世界になってしまいますが,見える人には現実に分かるだけと言う事にもなって,凡人は信じるより仕方がありません。遠い過去や 遠い未来も含めれば こんなに沢山の星があって 地球にしか生物が存在しない というほうが不自然な気がしますね生命体はいると思うけど、人じゃないだろうな。人型ではないにしろ高度な知能の生命体はいるとおまいます。人と言えるものかどうかは分かりませんが人間のような高度知的生命体は存在するとおまいます。太陽系には居ないようですが全く未知の星には居るかもしれません、人間の形はしていないかもしれません?

Categories: ファッション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です