日本人とキリスト教:なぜ信仰に無関心なのか 海外の人割真

海外のアンケート神の存在、死後の世界に対する各国国民の見方「神を信じますか。宗教本気で信じている人、故そうでょうか 海外の人割真面目キリスト教信仰ているらい、日本でたま見かけます 神様世界作って、加護~始まり、天国地獄ある 余り理解出来ません 死んでまえばない 「魂抜けて~」て言い分聞きます、正気疑 なぜアメリカには熱心なキリスト教信者が多いのか。なぜあんなにアメリカ人は。キリスト教を熱心に信じるのだろう?ただ。
ヨーロッパの国々では,信仰の熱はとっくに冷めて。キリスト教は歴史の一部
日本の仏教のようになっている。アメリカまじめに信仰している人びとが
多い。日本。日本人ならば誰しもが経験し。生活の一部として根付いてきた文化ですが。
キリスト教。神道。仏教がない交ぜに日本人の宗教観について。「無宗教」だ
の。「信仰心がない」だのという評価を耳にしたことがあるでしょう。日本の
宗教は特有の宗教観を持っているため。実は 「日本の総人口よりも宗教団体の
信者数が多い。」と いう不思議な日本の 他人から「どんな宗教を信仰してい
ますか?私たち外国から来た居住者も。日本では 日本の怖い宗教をつに絞り
ました。

日本人とキリスト教:なぜ「信仰」に無関心なのか。日本ではキリスト教文化は肯定的なイメージで受け取られているが。信者数は総
人口の%にも満たない。大人たちはキリスト教の美術や音楽にも関心を持っ
ており。海外旅行に行けば喜んでその土地の大聖堂を見学する。しかし。
それにもかかわらず。ほとんどの日本人はキリスト教の「信仰」については
無関心なのだ。また。世紀の宣教師の中には。スペイン?ポルトガルの軍隊
を呼び寄せて日本を軍事的に制圧することを真面目に検討する者もいた。

海外のアンケート神の存在、死後の世界に対する各国国民の見方「神を信じますか?」と各国でアンケートを取った結果なぜ宗教のようなものを信じるのか。えーとねえ、現代物理学では、宇宙シミュレーション仮説が有力になってきてんの。この宇宙は、誰かの演算をしているコンピュータだって説。キミの信じられるものから、現代物理学も外れてる訳だね。*つ▽`っ????☆そういう価値観で育ったから。信じるという価値観がある一方で、あなたのように信じないという価値観もあります。でももしかしたら実はこの全宇宙を管理してる神のシステムがあって、その管理側からしたら「散々地上で奇跡起こしてやってるのに、まだ信じてないなんて正気疑うわ」となるのかも。ある、という証拠もないけど、ない、という証拠もないからそこは分かりません。で、そういう価値観は、育った環境や教育である程度の方向性が決まることが多いです。特に反発したり、疑うきっかけがなければ受け入れる。習慣とかマナーみたいなものでは。あとは心の拠り所として神を必要としている場合だと思います。ちなみに私も信じてませんけどね。海外の人は割と真面目にキリスト教を信仰しているらしいですし少なくとも、ヨーロッパ先進国ではあまり真面目に信じられていません。今日、キリスト教に勢いがあるのは、アフリカや南米諸国です。そして、キリスト教が熱意を持って支持されている国の国民の平均的な知能指数は極めて低いものです。ギリシャ 98%がキリスト教徒 平均知能指数91 コンゴ民主共和国 人口の95.7%がキリスト教徒 平均知能指数 65 メキシコ 人口の95%がキリスト教徒 平均知能指数 88 フィリピン人口の93.1%がキリスト教徒 平均知能指数 88ブラジル 人口の90.2%がキリスト教徒 平均知能指数 83これらの国に対て日本人の平均知能指数は最新版では世界一で平均知能指数107だそうです。加えて、西洋の先進国でもキリスト教はすでに信じられていません。キリスト教の衰退ケンブリッジ大学の研究者であるフィル?ザッカーマンが発表した「同時代的無神論または不可知論者の割合と傾向[Atheism: Contemporary Rates and Patterns]」に出ている。宗教を熱心に信仰する人は個人の富の増加に伴って減少していく傾向が明らかにある。無神論者の多く教育の行き届いた,経済的に豊かな先進国に集中している。アフリカ南部では無神論者がほとんどいない、ヨーロッパでは多くの無神論者がいる。スウェーデンが最も無神論が多いです。1. スウェーデン人口の85%が神を信じない2. ベトナム3. デンマーク4. ノルウェイ5. 日本人口の64%から65%が神などどうでもいい6. チェコ共和国7. フィンランド8. フランスイギリス?ドイツ?フランス キリスト教 衰退英国のキリスト教は壊滅的減少に直面しているかもしれません。公式統計によれば、キリスト教徒の数は、これまで考えられていたよりも50%速く減少している。フランスでは若者の三分の二が自分たちは「無宗教」だと回答しており、定期的に教会の集まりに参加しているのは20人に1人しかいないと推測されている。デンマーク教会に行ってるのは人口の3%にも満たない。しかも行ってるのは大体が年配の人ばかり。ドイツ キリスト教2014年の一年間で、カトリック教会を正式に離脱した者の数が、20万人以上にのぼり、2013年に比べると、離脱者の数は22パーセントも増えた。プロテスタントの教会からも、毎年20万人近くが離脱していることになるだろう。アメリカのような宗教国家でも、全米アカデミーの会員のような知的レベルの人たちは、ほとんど宗教に依存していません。93パーセントの、全米科学アカデミーのメンバーを神のアイデアを拒否している。Do the members of the National Academy of Sciences, 93 percent of whom reject the idea of God, lie and cheat and steal with abandon?科knowledgeguild.wordpress.com//evil-atheists/著作とは、直筆サイン入りのブック、そうではなくともブック、なのでしょうが、聖書といったらローマ?バチカン、学生用の教科書といったら文部科学省、週刊誌があれば表紙がある、カタログがあったら$がある。そのような魂胆が様々な筋書きとなっては濡れて白紙に還る、そうともみえる。だから輪廻をさせて、いずれわかる時が来るそれが宗教だよ宗教はそうじた教えということです。基本は生き方を教えています。行者が話す霊界の現実最終章まだひどいのが現在の創価学会です。葬儀は学会で行い僧侶は無し、戒名も無し、ただ手を合わせ火葬で終わる。創価学会はじめ新興宗教は葬儀の意味が分かっていない。死後の霊界に旅立つためのお経は無くてはならないお経を使う、肉体と魂を分離し魂を霊界に送る為の法要を何と考えているのか、この霊は『ここはどこだ』、と言う、私は『閻魔に会っただろう』と問うと『知らない』と言う『三途の川は渡ったか』と問うと『そんな川は知らない』『行っていない』と言うと家族が『やっと一周忌だからでないの』と問うと『僕はまだみんなと一緒にいるよ』と答える『ほんとにそばに居てくれるの』と、問うと、『だってすごい人の数で押し出されないようにしがみついているんだ』家族は言う『どう言うことなの』『仏壇からすごい人の山が入ってきているから満員電車みたいな状態なんだよ』『仏壇から?』『そうだよ、見たことのない人たちがいっぱい、お母さんの頭とか、肩、僕がしがみついている腰にも何人かついている』『僕らはこの仏壇から同じ学会の仲間の仏壇どこでも出入りできるけど、人が多すぎて動けない』これを聞いて母親は驚く『私の身体に霊が付いているの?』『そうだよ、弟の身体にも、最近学校に行けないだろう、知らない男が頭の辺りで動いているから仕方ない、嫁に行った姉ちゃんの所に行きたいけど姉ちゃんの所も学会で、訳のわからない人たちでいっぱいで行けないんだ』『どうしましょう』と母親は私に問うので霊位に『今幽冥界に居るようだけど、どうしたい』と聞いたら『遠くから爺さん達が呼んでいるけど行けないんだ』と答えると、親族は初めて驚きの声を出す。『あなたは死んだのよ』と問うと『分かっているけど行けないんだ』『だから母さんの腰のぶら下がっているんだ』と答える。このやり取りは私が一番苦手なパターンなのだ。むろんこの後きちんと供養と祈祷で霊界に送り位牌に入ってもらった芯入れが実際このパターンの幽冥界に入り成仏はおろか霊界に入れない霊位が沢山増えているのは事実です。神道はキリスト教と同じで閻魔にも合わず別の世界なのでしょう。『供養をくれ、腹が減った』は変わらないのですが家族は『お前がどうしてもこの宗教にすると言い張って神信仰にしたのに、何の様だ』言うと『すまない、俺が間違っていた、爺さんの時の寺に戻してくれ』と喚いた。私は思うに多分出口王仁三郎氏の描いている世界なのだと思い当たる所も有りますが、何人か降霊して分かったには神徒でもお寺と神社が半々の半お寺と神社の有る場所の霊位は落ち着いているようです。これは廃仏毀釈の際お寺から神社に移行した時,半分仏教を残したおかげではないかと思います。どうしても祝詞より、お経が霊には必要だと感じました。私は特に創価学会は一番現在危険と実感しています。霊が『俺が間違っていた、すまない。助けてくれ、お前たちも学会に入れてすまなかった、誤るから父さん母さん助けてくれと叫ぶのです』家族は言う、『いまさら何を言っているお前が創価学会に入れと親類や隣の○○さんやいろんな人を入れてしまったじゃないか』『いまさら何を言う』と私を通しバトルが始まりますが、『霊は言う事を聞いてくれなければお前たちを呪い殺す事になる』と言い放ったので、『家族が学会をやめるための親族関係の協議をする』と言って、いったん帰っていった。すべて実話です。私はこのような霊と現世の方々のトラブルを日々見て中に取り込まれ一緒に悩み最後にお経で供養と祈祷を使い分けて経を過ごしています。最後に日蓮と空海、真言密教はなにか秘密めいていますが、神と一体化する秘宝を示す。この力を使い人々を助けて行く方法を示したのですが、神を信じない人たちでもキリスト教の葬儀は必ず祭司が執り行うことは認めるでしょう。シャーマンなど他の霊を扱う人々もいます。しかるに日本はどうでしょう、葬儀は簡略化し僧侶は省く、散骨、樹木葬などや墓終がどんどん進んでいます。そもそも仏教において葬儀は僧侶が行う決まり事があります。空海、日蓮、天台宗、禪宗、曹洞宗、他いろいろな宗派がありますがみんな僧侶がおります。僧侶はお経を使い葬儀でのご遺体から魂を分離し霊界に送る役目を負っており、同時に戒名をつける資格を持つ人の事を意味します。得度の儀式を行い僧侶になります。この僧侶の役割を意味不明にしているのが新興宗教です。亡くなった人は僧侶の魂を肉体から離す送りのお経を唱え魂を霊界へと送ります。49日とよく言いますが七日目に、お不動様の化身に出会い四十五日目に閻魔に合い裁かれますが、四十九日の間のこと柄は、長くなりますのでサイトで検索して下さい。この霊界に送れるのは僧侶だけなのです。なぜなら口伝で極秘の秘法が言い伝わり現在に至っているからです。ほんとに肌で感じています。あなたのような人は知性が乏しいんですね、オウム真理教の信者たちはみんな一流大学出だったでしょう?知性があれば必然的になぜ存在するのかを考える。例えば、時空と言うベクトルが崩壊してしまったブラックホールの中はどうなっていますか?時間空間も存在できない領域があると言う事ですね、これは科学でも証明されている事実です。このことから少なくとも我々が現実として絶対的普遍的な真理だと思い込んでいる事象はある一定の条件が付されれば簡単に消滅してしまうあるいは形を変えてしまうと言うことにはなりませんか?あるいは裏返せばある一定の条件の下でのみ時間と空間が生じる、つまりこの現実が生じてしまうと言う事になりませんでしょうか?では我々が見たり聞いたり味わったり感じたりしている現実とは一体なんなのでしょうか?仏教では諸行無常といいます、この世のものは生まれてきては変化して滅して生まれてきては変化して滅する、これを繰り返します。たとえ1,000,000分の1秒とて同じと言う事はありえない、これは何故かと言うと真実では無いからこういうことが起こるのです。真実で有れば一定普遍なはずでしょう。死んで無になるということは無があることになる、無がなければ無にならない。では無があると言う事はどういうことか?無が存在と対等になってしまう、つまり 0 = 1であり100であり1億であるわけです。これでは大きな矛盾となってしまいますね、無と言う概念は人間が便宜上作り出した概念であり実際にはありえないのです、また反対に存在もありえないのです。色即是空、空即是色、色すなわち空である空すなわち色である。色とは目に見えるもの万物ですね、万物は空っぽのものである、英語で言えばempty、しかし空とはゼロ無ではありません。湯川秀樹博士はこれをヒントに中間子理論を発表してノーベル賞を受賞しました。If there is any religion that would cope with modern scientific needs,it would be Buddhism.Albert Einstien the Human Side アインシュタインは、こうも語っています。「科学的探求は特殊な宗教的感情をひき起こしますが、これは、愚かな狂信的宗教感情とはまったく違ったものです」真の科学者は、「宗教は科学と矛盾 する」とは決して言わない仏教は、とても知性的な宗教です。若手の理論物理学者の間で盛んに仏典が読まれているのも、「諸行無常」「諸法無我」の仏説が、現代科学と少しも矛盾しないばかりか、科学のめざす真理を先取りしている感すらあると、気づいているからです。生きているときにすでに天国と地獄がある。すべて意識の問題です。五体満足で不幸な人体に障害あっても幸福な人どうしようもない状況に追い込まれてはじめて信仰で救われる経験をする。

Categories: サロン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です