水のメカニズム イオンイオンでいられる理由水中気なって先

いいねえ.とてもいい質問だ.まず,単にイオンが溶けてるときの水.こいつはたしかにイオンの周りにいて,まあくっついてるわけだが,これは化学的な結合を作っているわけではない.こういうのを水和という.主に静電的な力が重要でまあ,これも細かいことをいうといろいろあるが,イオンでさえあれば何に対してもおこる.あと,水和に使われる分子の数は厳密には決まっていなくて,動的に揺らいでもいる.イオンの濃度によっても変わってきたりする.一重とは限らない,とかもあるか.いっぽう,[CuH2O4]2+みたいなのは,水を配位子とするアコ錯体っつうんだ.このときの水分子は,銅イオンとの間で「配位結合」という化学結合を作っている.ふつうの共有結合は二つの原子が電子を一つずつ出し合ってそれを共有することでできるのだが,配位結合の場合,配位子といわれる分子やイオン。こんち中学生 イオンイオンでいられる理由(水中)気なって先生聞く、陽イオンの場合極性分子である水分子マイナスの成分(酸素の方向)陽イオン向けて配位するこでプラスマイナスつり 合って、原子電子配置的プラス、マイナス的安定できる聞き (間違ってたら ) で錯イオンついて質問 Cu単純水溶たき、Cu2+水配位ているたら、中学で習うCu2+高校で習う[Cu(H2O)4]2+の違いよくわかりません 普通水の配位省略するような気するので、あえて銅水の錯イオンだけ定義する必要わかりません 錯イオンいう特殊な形状ているだ初め考え、そそ銅の錯イオン大て不思議な形てていない(正方形いう平面で錯イオンなら錯イオンの定義そそ謎 ) 、流石銅以外水の配位の仕方みんな一緒いうの考え辛いので、じゃあ物質水溶たらイオン式水分子書くべきだ思えてきます らの謎解決てほい お願います 化学の考え方や現象を分かりやすく。結合と分子の形 ,化学式 分子と結晶水 ,イオンと酸塩基の中和 濃度と
い場合には,上の電子配置原子軌道が2つあるだけです.2つの原子が
地学の先生に聞いたところ,空気の膨張?収縮は高さ上下方向だけ考水中
にアンモニア分子,アンモニウムイオン,水酸化物イオンが同時に存元もされ
ていない 要するに 酸化物中の金属元素は陽イオンになっていてきている黒鉛
やケイ砂のように透明でないものがあるのはなぜですか?溶け方と極性の関係
は?

水のメカニズム。水は。ご存知のとおり2つの水素原子Hと1つの酸素原子Oで
形成されています。 各々の原子は+極。-極に帯電し。1秒間に1兆回ほど水素
結合が切れたりつながったりしながらスピン状態分子運動が起こっています
。アルカリイオン水を作るには。水にエネルギーを与えてイオンに分解させる
電気分解を行わなくてはなりません。 水の電気分解陽イオン+である水素
イオン+は。失ったマイナスイオンを求めて。水の中を陰極-極へ移動し
ます。

いいねえ.とてもいい質問だ.まず,単にイオンが溶けてるときの水.こいつはたしかにイオンの周りにいて,まあくっついてるわけだが,これは化学的な結合を作っているわけではない.こういうのを水和という.主に静電的な力が重要でまあ,これも細かいことをいうといろいろあるが,イオンでさえあれば何に対してもおこる.あと,水和に使われる分子の数は厳密には決まっていなくて,動的に揺らいでもいる.イオンの濃度によっても変わってきたりする.一重とは限らない,とかもあるか.いっぽう,[CuH2O4]2+みたいなのは,水を配位子とするアコ錯体っつうんだ.このときの水分子は,銅イオンとの間で「配位結合」という化学結合を作っている.ふつうの共有結合は二つの原子が電子を一つずつ出し合ってそれを共有することでできるのだが,配位結合の場合,配位子といわれる分子やイオン この場合は水分子 が電子を2個提供して,銅イオンの「電子の入っていない,でも入れることのできる場所」空軌道という を使って結合を作る.この結合というのは,ふつうの分子を作る結合と本質的には同じようなもので,原子によって特定の方向があるわけだ.水分子が曲がった構造をしてるのと同じようなもんだな.これが平面形とか8面体とかそういう形を決めてくる.ということで,水和と配位ってところが違うわけだ.ついでにいうと,配位によってできた「錯イオン」も,これ全体が水和している.水溶液中でイオンがどのような挙動を取っていて安定なのかは、目で見える話ではないので、想像の範疇でしか言えません。しかしながら、水溶液中でイオンが安定するのは、水そのものがイオン乖離の平衡状態にあるからだと思います。つまり常にイオンの周りにはイオン化し得る水の分子で満たされているので、電気的に偏るような不安定な状態を避けることが出来るわけです。これに対して錯イオンにおける水の配位はその中心原子の水に対する拘束力が違います。単純なイオンを安定化し得る水の影響はそれが自由に入れ替わることが出来る状態でしょう。ちなみに錯イオンの周りにもそのような水分子があるので安定するともいえます。その証拠に錯イオンを形成する錯体の塩では水の分子を取り込んだ状態で存在し、それを引き離すには余分なエネルギーが必要になります。極論すれば錯イオンとそのたイオンの水との関係性はそのエネルギーが必要か否か、水分子が結合性の力で結びついているか否かの違いでしょう。とはいえ、面白い視点だなと、個人的には思います。高校で[CuH2O4]2+なんて教えませんよ。出てくるのは[CuNH34]2+くらいです。勘違いしているのではないですか。そもそも銅は6配位なので、水溶液中では[CuH2O6]2+という錯イオンになります。正方形ではなく、縦に少し伸びた八面体です。イオンがイオンでいられる理由水中が気になって先生に聞くと、陽イオンの場合は極性分子である水分子がマイナスの成分酸素の方向を陽イオンに向けて配位することでプラスとマイナスがつり合って、原子が電子配置的にもプラス、マイナス的にも安定できると聞きました。間違ってたら教えて下さい。ニュアンスは良いのだが、正確にいうと、中性分子である水と、イオンで「プラスとマイナスがつりあう」のはおかしい。まぁ言いたいことは分かるので、流しても良いのだが。ここで錯イオンについて質問があります。Cuが単純に水溶したときにも、Cu2+に水が配位しているとしたら、中学で習うCu2+と高校で習う[CuH2O4]2+の違いがよくわかりません。普通水の配位は省略するような気がするので、あえて銅と水の錯イオンだけを定義する必要がわかりません。これは勘違い。全ての金属イオンは、水中では、かならず水の配位した錯イオンアクア錯イオンと特別に呼ぶになっている。それは、最初にあなたの書いた文章で説明されているとおり。配位している水のことをあえて問題にしない、どうでも良い、考える必要が無い、といったケースだと、面倒なので敢えてアクア錯イオンとして描かないだけである。錯イオンという特殊な形状をしているからだと初めは考えましたが、そもそも銅の錯イオンは大して不思議な形をしてしていない正方形という平面で錯イオンなら錯イオンの定義がそもそも謎。教えて下さい。し、流石に銅以外水の配位の仕方がみんな一緒というのも考え辛いので、じゃあどの物質も水溶したらイオン式に水分子を書くべきだと思えてきます。書いても良いが、上記のとおり、アクア錯イオンなのは当たり前なので、それを強調しないといけないケース以外で書くのはバカバカしいので普通描かない。分かっていなくて書いていないのではなく、当たり前なので省略している。ちなみに同のアクア錯イオンは「正方形ではない]!これはなんか勘違いしてると思う。

Categories: サロン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です