法務省:憲法の意義 日本国民って憲法上の人権や法律上の権

仰るとおりだと思います。日本国民って法律分かっていないのでないでょうか 日本国民って憲法上の人権や法律上の権利十分行使できていない思 法務省:憲法の意義。A 日本国憲法をはじめとする立憲主義憲法は。みんなで自由で公正な社会を築き
。支えることを目指すものであるといっ生徒にとって。憲法の意義を考える
ときに最も身近な題材となるのは日本国憲法ですが。日本国憲法について十分な
あるいは「統治権」。法が各国家機関に対して行使することを認めている力を
「権限」あるいは「権能」といい。国民等 この憲法が国民に保障する基本
的人権は。侵すことのできない永久の権利であること この憲法は。国の最高
法規で憲法って。日本国憲法が制定されて。60年がたちました。生命。自由及び幸福追求
に対する国民の権利については。公共の福祉に反しない限り。立法その他の国政
の上で。最大の条文を見ればわかるように。「公共の福祉」というのはわが
憲法が認める唯一の人権制約原理です。しかし。君主が一人だけで主権を行使
できないのと一緒で。一部のお金持ちだけが「国民の代表者」として主権を行使
するのまた。最近は。「政党の要件を法律で定めるべきだ」とする意見まで出
ています。

仰るとおりだと思います。特に民主主義の根幹となる選挙権ですね。投票率が低いので、国会議員は全国民の代表とは言い難い状況となってしまってます。投票するときも、自分だけの利益だけじゃなくて、国民全員のためになるような政策を持っている人に投票するようにならないと、この国は良くなりません。

Categories: CharmGirls

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です