立憲?国民の合流 立憲民主党国民民主党って合流する必要な

仰る通りだと思います。立憲民主党国民民主党って合流する必要ない思いませんか

元いえば旧民主党で意見異なる人たち分党たんでょ

無理同じなってどうするんか 内紛で分裂する未来かみえません なぜ年末。現在も立憲民主党と国民民主党の合流に向けた動きが続いています。なぜ年末な
のかは永田町では「常識」なのですが。あまり言及されません。しかし。時期
が年末に集中するのは。政党交付金が大きな理由です。立憲も国民も当然
ながらすでに政党要件を満たしているので。いつ合流しようが政党交付金の合計
額は変わらないはず枝野氏はこの記事のように「交付金」だけが目当てでは
ないだろうが。同じ合流ならこのタイミングは逃したくないとの思いか?

立憲?国民「合流ご破算」が示す。むしろ。ここからが本番ではないか。両党の合流話は。立憲の枝野幸男代表が
昨年月。国民の玉木雄一郎代表らに呼びかけて始まった。年の通常国会
までの参院選は当分ないのだから。彼らは焦って合流する必要はなかったのだ
。玉木氏が合流しない本当の理由~国民民主党と立憲民主党が新党。玉木代表私は立憲民主党と新たにできる新党合流には加わりません。国民的
な評価もあるので。そうしたことから「提案型というポジションが必要だ」
という思いを強くしたのではないか。という見方もあります。また。立憲民主党と国民民主党。「正直。迫力が無いな」ある議員がつぶやいた――通常国会で論戦の幕が開き。
立憲民主党の枝野幸男と国民合流が実現していたら。もっと違う雰囲気だっ
ただろうな」ともに民主党を源流とする二つの党。玉木の思いは この文書を
示された玉木。 存続政党は立憲民主党と明記され。政策や党名については一切。
触れてい候補者の一本化は脅威だが。国民が魅力を感じるかには影響しないの
ではないか」「1つの政党になることを目指す必要性を共有した」

立憲?国民の合流。立憲民主党と国民民主党の合流話が佳境だ。協議は「合目」立憲の福山哲郎
幹事長まで進んだというが。新しい党名の決め方などで一致点が見いだせず。
着地しない。担当者としては。じりじりとした思いで取材を…立憲民主党と国民民主党合流~国民?分党により。今回もそういう形になるということは。玉木さんは「お金は俺のものだ」と言っ
ていることと一緒です。変な見方かも知れませんが。でも。お金の話をしないと
。この動きはわからないと思います。 飯田選挙を枝野幸男代表記者会見月。私のほうからは。まず残念ながらCOVID-19の状況と対応について
申し上げたいと思います。ようやく自民党から対案の声が出てきただけで。
まだ法案は出てきてはおりません。本当に国民のためを考え迅速な対応を
するつもりであるならば。今すぐにでも臨時国会を開いて野党案を審議?採決
するべきであると思います。野党共闘の状況と。年内に社民党の議員の方が
こちらに合流するのではないかという見通しもあるが。来年どのように野党共闘

仰る通りだと思います。自民党の中の派閥のように、意見が異なることがあってもいいのではないでしょうか。選挙の時に共闘をすることで、連合政権を目指していけばいいと思います。その方が旧民主党との違いを国民に伝えることができると思います。そうですね、そもそも一つの政党から派生してできた政党ですから、合流するのは簡単なことではないと思います。時代の流れやその環境が変わることで、意見が一致してくことはあるかと思いますが、無理に統一する必要は無いと思います。その通りです。国民の議員は国民の名前では次の選挙に落ちるので立憲に入れてもらって当選して議員を続けたいのです。立憲民主党と国民民主党は、仰るように旧民主党の人たちです。意見が異なって分裂したかというと、旧民主党の解党の経緯は実はそうではないのです。旧民主党の時代、現国民民主党代表の玉木氏が現東京都知事の小池氏と組んで、東京都議会の地域政党「都民ファーストの会」が国政進出する形で「希望の党」を結成しました。その際、小池氏が民主党の一部の議員の入党を「排除します」という言葉で拒否したという経緯があります。そのため、現立憲民主党の議員たちは枝野氏を中心に急遽新党を立ち上げることになり、それが「立憲民主党」です。希望の党はその後、小池氏が去る形で「国民民主党」になりました。ただ、元々同じ党に属していた立憲民主党と国民民主党の議員たちなので、合流の話が持ち上がるのも自然な流れかと思います。議員の数が少ないので、1+1=2と言う発想です。ところが、仕事が国会での揚げ足取りしかなくて、有権者の眉を顰めさせる結果にしかならないので2になりません。兎に角 議員は暇なもんだからくっついたり 離れたりして高額な歳費をせしめている、、まるで暴力団とソックリ、、、必要があるかないかは、当事者が判断すること。無関係の第三者が「合流なんて必要ないんじゃない?」と言ったからって、「あっ、じゃあ合流止めま~す。」なんて、なるわけがない。分裂する未来しかみえてないんだから、それでいいじゃないですか。両党の行く先がそんなに心配なら、どちらかの党本部に行って直訴すればいい。つまみ出されるのが関の山ですが。まあ、いいんじゃないですか。どうせやることは自公政権に反対することだけなんだから。逆になぜ野党が分かれているのか不思議。「日本野党」という名前で一緒になれば、とすら思います。政権取るつもりはないんだから政党名も野党のまんまでいいだろうし。民主党は自民党離脱組と旧社会党系の寄り合いでした。それが分裂して国民民主と立憲民主とに分かれたわけです。そもそも一緒になったのが間違いなんです。

Categories: 恋愛

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です