ENGLISH 一つ目の場合補語であるSVOCのCdoi

第2点の方からI。1、「I saw Ann who was wating for a bus 」ある「who was 」省略するこできるでょうか 2、「I saw Ann wating for a bus」の「waiting」ついて聞きたい 一つ目の場合、補語である「SVOC」のC(doing)で、二つ目の場合、現在分詞の後置修飾いうこで、つまり、文全部二つの場合ある考えればいいでょうか 場合よって、意味違ってくるいうこでょうか 英語の文法。2文型。主語+動詞+補語となって文型+” ”に対して
はやにも当てはまらない感じがしませんか? 実際にこの例文役割
としては。主語。動詞。目的語。補語 の名詞に修飾語で説明を追加する
ことで細かい表現ができるようになる。と覚えておけばよいでしょう。名詞←
修飾語」名詞を後ろから修飾「後置修飾」します。つまり。取っても文
意が変わらない語句であれば。おおよそ修飾語である。と覚えておきましょう
ね。

英語の分詞とは。過去分詞はつの意味がある点に注意。つ目は 盗まれた財布
など。「…される」で受動の意味。つ目はENGLISH。日本語では 「静止した状態を続ける」 ことを 「止まり続けている」 と言えます
が,英語の を にして 「 を用いて 「静止[停止]した
状態が続いている」 と言う場合は や [] とし
ます。この節のタイトルは。「第2文型でよく用いられる動詞」とあるので。
てっきり第2文型と考えていたのですが。どうも第3文型のようです。一般に
。 は現在分詞と相性は良いのですが。過去分詞とあまり相性が良く
ありません。現在分詞って何。現在分詞のコアイメージを元に。現在分詞の意味?用法「現在進行形など補語
になる現在分詞」「前置修飾」「後置補語になる現在分詞; 現在分詞の前置
修飾; 現在分詞の後置修飾; ++現在分詞; 副詞としての現在分詞し終えた
完了」という2つの意味がありますが。共通しているのは「行為が完了して
いること」です。型++現在分詞このように動詞の原形が
使われた場合。歩くという動作の一部始終を表すイメージになります。

プレミアムシガー。というか日本語の「オフェンス」にはその意味しかないんじゃないかと思う
比喩的に転用される場合はあるかもしれないが。上記の例のように。《限定
用法》名詞を修飾する用法と《叙述用法》補語になる用法とでは
かっちりと意味がわかれて叙述用法のときはの意味になることが多い。
という語もある。という形容詞は。そういうもののひとつだ。
まずは「という語にはこれらつの意味がある」とがっさり認識してお
こう。進行形の正体は動詞っぽい形容詞英文法。実は進行形はただの現在分詞といって動詞を形にして形容詞に変えたもの
です。動詞の形は「動そしてもうひとつ「五文型のパターンを決める」も
あります。 だからこそ「つまり 動詞が存在し。 という「動詞
」でないものがペアを組んだ表現が「現在進行形」と呼ばれているだけなんです
。第2文型「 」の場合「補語」は「主語の説明」になるこの4つの
例文に関して。日本の英文法書が言っているのはこういうことです。

第5文型SVOCのたった1つのポイント。第文型とは「はがCであるのを~する」「はがするよう~
する」という意味を持ち。と が「名詞」の第文型の例文;
が「純粋な形容詞」の第文型の例文; が「現在分詞」の第文型の例文;
ただ。ここで重要なのは。単語一語の形容詞が名詞を修飾する場合。
形容詞は名詞の「前」に置くということだ。このことから。先ほどの例文に
あった形容詞 は「名詞を修飾していない形容詞」。つまり。「補語に

第2点の方からI saw Ann waiting for a bus. という文の構造は、「主語+動詞+目的語+補語」です。目的語 Ann は、補語 waiting for a bus によって後置修飾されているのではなく、動詞 saw の目的語でありつつ、補語 waiting for a bus の意味上の主語となっています。英語には「知覚動詞」と呼ばれる一群の動詞があり典型的には、see、hear、一定の文型で使われます。「知覚動詞+目的語続く動詞の主語+原形?現在分詞?過去分詞」詳しくは、文法書で「知覚動詞」の項をお調べください。I saw Ann waiting for a bus. 「わたしは、アンがバスを待っているのを見た。」???第1点の方I saw Ann who was waiting for a bus. ですが、この文は、まずは普通の状況においては成り立ちません。どうしてもこの語順で言うには、カンマをつける必要があります。I saw Ann, who was waiting for a bus. = I saw Ann and she was waiting for a bus. 「わたしはアンを見かけたが、アンはバスを待っていた。」>「who was 」を省略することができるでしょうかそもそもカンマなしでここには who was は使えませんが、使ったとしてそれを省略すると、第二の文上で説明しましたになります。と言うことは、意味が変わってきます。進行形は、学力がつくまでは、Be + doingというセットで、1つの動詞だと思ってください。なので、1つ目は、SVOの第3文型。2つ目がSVOCの第5文型です。第5文型に分類すべきではないという意見の人もいますけどね。よって、2つの文は、意味が違ってきます。1.アンに会った2.アンが待っているのを見かけた1.は、後ろに修飾語句として続いているのですが、2.は、Ann以下が、1つの名詞句なんです。だから、どちらかと言うと、I saw that Ann was waiting for a bus.的な意味合いです。詳しくは、知覚動詞で調べてみてくださいね。意味が違う事はありませんが、この文は知覚動詞の典型的な使い方の一つで、1.の who was を略されたものとするのは野暮で、2.の貴兄の推論の方が近いです。辞書を見れば詳しく書いてありますが、簡単にその概要を申しますと、知覚動詞 see, know, hear, watch, feel など場合によっては使役動詞もの目的語Ann の後には”~する”の時は動詞の原形を、”~している”の時は現在分詞を、”~された”の時は過去分詞を使うという文法規則があるのです、従って一つ目の場合は、補語である「SVOC」のCdoingというのは誤りで単なる名詞句にすぎません、寧ろ私の説が SVOC の C についての説明であるのです。不明の点あればお聞きください。

Categories: ファッション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です