Windows Windows7のサポート修了て表示され

>。パソコン起動する Windows7のサポート修了て表示されるの シャットダウンようする 更新プログラムインストールて なかなか電源切れないの マイク○ソフトの嫌らせか Windows7サポート終了後のリスクについて全画面表示の通知が。サポート終了後の 年 月 日以降。 ご使用時に「サポートが
終了した後も引き続き を使用するリスクについて」
説明する全画面表示の通知が表示されます。 通知に関しては。[後Windows。「 マイクロソフト延長サポート終了」について。
お知らせいたします。 以降。 のパソコンに下図のよう
な「サポート終了の通知」が表示される可能性があります。 への
移行

Windows。日本マイクロソフトは。本日 年 月 日火に のサポート
を終了させていただきます。 を使われているお客様のデスクトップ画面に。
サポート終了をご案内する全画面での通知が表示されるように[Windows。お使いの のサポートは終了しています お知らせの内容を確認したら。
画面は閉じてかまいません。 「後で通知する」をクリックすると。一時的に
お知らせを非表示にし。後日。お知らせが再度表示されます。サポート終了のWindows。サポートが終了した以降は。 のを起動した後にこの
アナウンスが全画面で表示されるを支払うことで。緊急および重要と判断され
たセキュリティアップデートだけがから配布される。

定期的に表示されるWindows。の適用によってメッセージが表示されるようになる メッセージには
。台のでデータを移行しているイラストと。「 のサポート終了は
来年。年月となります。」という内容が表示され。[詳細「お使いのWindows。しかも。タスクバーよりも前面の全画面で表示されます。クローズド環境や
スタンドアロン環境など。サポートが終了しても を使い続ける予定の
方はこの画面に遭遇するかもしれませWindows。以降に に表示されるサポート終了を告知する警告画面
出典。。 でも。古田雄介氏が「
サポート終了直前。にわかに が品薄Windows。サポート終了の通知が全画面表示されるのは / /
//の各エディションだが。拡張セキュリティ
更新プログラムを購入したでは表示されない

Windows。のサポート終了の通知を今後表示しないようにする方法 既に
のサポート終了期限を理解されている方や。 への

> PCを起動すると Win7のサポートは修了していますと表示されるのにシャットダウンしようとすると更新プログラムをインストールしてなかなか電源が切れないのは???????今配布されているのは悪意のあるソフトウェアの削除ツールというもので、Win7のUpdateプログラムではありません???① 何か、勘違いしていませんか? Win7自体のプログラムは既に、終了していますが、付随している関連の更新、多分、表示した悪意のあるソフトウェアの駆除ツールとか、ディフェンダーの更新は、Win7の更新ではないですよ????。※ それも、そのうちなくなると思います????。それが嫌がらせなら、Windows Update自体が嫌がらせですようちはLinux系OSをメインに使っていますが2018年4月にリリースされたXubuntu18.04LTSをWindows 7時代のPCにインストールして2年弱分のアップデートをやると700MBくらいのダウンロード量になりますがそれでも、一時間もあれば終わります。通信速度にもよりますが日々、少しずつ更新しているなら、たいした時間はかかりませんし作業の合間に更新しておけばいざなにかやりたい時にじゃまされるわけでもありません。話を聴くと、Windows Updateは非常に煩わしいもののようですがそれでも、セキュリティソフト各社が「当社製品を使えばWindows Updateは不要」と謳うことはなくセキュリティソフトの限界を露呈しています。ですから、仮にセキュリティソフトに金をかけていてもWindows 7をインターネットに接続するべきではありません。繋がっていなければ、Windows updateに関わる問題が継続的に発生することは無いはずですよ。起きるなら、それこそ嫌がらせ的な不具合です。たしかにLinux系OSでは、すべてのPCで動くわけではありませんしMS OfficeのようなWindows用ソフトが動きませんがLibreOfficeや、FirefoxやChromeなどがあれば充分という程度の用途であれば充分Windows 7から置き換えられる可能性があります。一旦Linux系OSで事足りるだけのスキルが身につけばこの先Microsoftの都合に振り回される必要も無くなります。Windows 10は評価版で試して見るにも一度Windows 7環境を排除してインストールする必要がありますがXubuntu18.04LTSなどは、インストールディスクにあるライブセッションの機能で試すこともできるので必ずしも、Windows環境を排除する必要がありません。余裕があれば、一度ためしてみてもいいかもしれません。なお、バックアップは日常的に必須のものですしリカバリーディスクは作っておかないとHDDの故障で積むものです。OSの入れ替えを検討しない場合も、必要ですがやっていなくて、いざ何かがおきてから慌てる人は少なくありません。特に、現在はランサムウェア被害が話題になっていてバックアップの重要性は、数年前と比べられないほど大きなものになっています。サポート終了前に入った更新プログラムをインストールしているのでは?嫌がらせではないと思います。いつまでもサポート終了OSを使わずにさっさとWin10の新品マシン買えばいいんですよ。ハードスペックも良くなるしNVMe SSD搭載マシンにできるんだから。

Categories: サロン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です